生 き物カード2009(ニックネーム:Ikimon 2009) について

 

生き物カードは,ゲノムが解読されたさまざまな生物の情報を簡単にまとめたカードです。生物の図鑑はたくさんありますが,それらは形の特徴や生息地を解説したもので,遺伝子やゲノムまた進化に関するデータは含まれていません。現代の生命科学は,ゲノム情報に基づいて研究が行われています。従って,よく似た生物でもゲノムがわかっていたり遺伝子操作ができる材料が研究対象となっています。そのため,これらモデル生物についての理解を深めることを目的として,市販のカード類にヒントを得て,生き物カードを制作しました。今後数を増やして行く予定です。研究者の方々には協力をお願いすることもあると思いますが,よろしくお願いします。また,カードに書かれている内容に誤りを見つけた方は是非御連絡下さるようお願いします。
2009年のゲノムひろば in アキバで配付したものを下のリンクからダウンロード出来ます。

 

制作:東京大学大学院総合文化研究科 佐藤直樹研究室

URL: http://nsato4.c.u-tokyo.ac.jp/

Copyright: Sato Laboratory, University of Tokyo 2006-2009

 

ダウンロードはここからできます。(jpegファイル)

ファイルを小さくするため,解像度を150 dpiとしています。

ファイル1
ファイル2
ファイル3

 

クレジット(謝辞)(敬称略とさせて頂きます)

写真は主に研究室のメンバーによ る撮影ですが,下記の方々から材料の提供を受けました。

アフリカツメガエル:馬渕一誠(学習院大)

出芽酵母:二井勇人(東大総合文化)

その他の写真は,下記の方々から いただきました。御礼申し上げます。

ミヤコグサ:久保田寿子(東大総合文化)
カイコガ:二橋亮(東大新領域)
ゼブラフィッシュ:成瀬清(基生研)
ハツカネズミ:松田良一(東大総合文化)
イネ:宮尾光恵(農業生物資源研)
センチュウ:笹川昇(東大総合文化)
キイロタマホコリカビ:漆原秀子(筑波大)
カタユウレイボヤ:原真弓(兵庫県立大)
ゼニゴケ:福澤秀哉(京大)

 

お詫び

2007年以前のバージョンでは,非常に多くの間違いがありました。細かい記述をチェックしていなかったことが原因でした。すでに古いものをお持ちの方は,最新版をダウンロードしてプリントして頂くようお願いします。ダウンロード版はファイルサイズを小さめにしていますが,ご容赦願います。


トップページに戻る
Sato Laboratory 2009.